fc2ブログ
872 WOMAN(ハナヂ ウーマン)
もう止まらない、あたいとあんたのすべて。
あたいのカセットテープ★Best

ポップアップ呼出し方式(09.09.10更新)

テープ画像↑をクリックするとmp3プレイヤーが開き、不定期で選曲リストアップしている私の愛聴ナムバーが音楽配信サイト経由で流れてきます。回ってる左右リールの横をクリックすると曲送り&戻し可能。再生/ポーズもお好み次第★


プロフィール

http://872woman.blog65.fc2.com/(携帯とmixiモバイル経由の方も↑でご覧になるほうがラクかも)

872 WOMAN aka Mint-Lee

Author:872 WOMAN aka Mint-Lee
872ブログへようこそ!
~口上~
イイ歳して血の気の多いオンナの独り言(まじで鼻血出過ぎて119した経験有り)

mixi休んでる間の場繋ぎ的blogって事で
異性の気ぃ引く為の蘊蓄等一切出てこないよ!
ネンネ、騙り、荒しはおととい来やがれヽ(`Д´)ノ

けど、あたいも女…オンナだから
化粧する程度の見栄は張らせて頂戴

そして
化粧落とした素顔も愛して頂戴…

||本当のプロフィールはココ押ス|||


最新コメント


メール送信用フォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


最新トラックバック


FC2カウンター


カテゴリ


872特選GUY


リンク(ファン&一宿一飯の恩義の方々)

このブログをリンクに追加する


検索フォーム


月別アーカイブ(て何?)


RSSリンクの表示


最新記事


QRコード

QRコード


フーミン
やーっべ。
すっかり放置しちゃってましたん。
ごめんなさいね(実はあんま悪いと思ってない)

いえアタックアクション2(もう聴いたね?)
宣伝の為にmixi戻ったせいもありますが、それより、
林芙美子記念館レポ書けなかったから。
もはやいつ行ったのかも朧げな感じに…。
だもんでレポも写真と雑なやつでご勘弁を。

えーと最寄り駅は大江戸線中井なんですが。
ドギーお社長ん家から歩いて20分くらいでした。

林芙美子記念館1

当時としてはモダンで素敵なおうちだったのではと。
林芙美子記念館2

…ふ-みん、ごめん。
ホントに家事とかキッチリやってたんやね!
でもごめん。
炊事とかは好きみたいだけど、掃除はさにあらずでは?
『女流作家が部屋散らかすと恥ずかしいよね疑惑』、拭えず。
いやいいんだよ!お手伝いさん雇える身だったんだから!
ワスなんて(いかりゃく
林芙美子記念館3

入場料安ッ。誰でも気楽に行けちゃうぞ。
御写真や自筆絵画(悪いけどヘタ)、年表など見られます。
調律全くされてないアップライトピアノも。
(あれはホントにふーみんのなのだろうか?不明。)
林芙美子記念館4

これが今回お目当てだった成瀬巳喜男『稲妻』展示。
有名な「花のいのちは~」、デコちゃん演ずるヒロインは、
まだお花の時期なんだよね。
他の姉さんたちはもう散ったり散りかけたりエイジ。
つまりワスもそうだけど。苦しき事のみ多かりき、よ。
林芙美子記念館5

中井駅近辺はわりと地味。
でも記念館までの道のりはなかなか味わいよし。
新宿区としてのイメージ覆される事請け合い。
なんかウチの近所みたいなエリアだったなあ。

(ヨッシャ書いた書いた!荷がおろせたよ…)
スポンサーサイト



アタックアクション2完成!
えーと。
ソノシートカットアップMIX宣伝のため、
mixiにちょいと復活しました。
なのでmixiのほうはミクシィ日記に戻しました。
でもこっちのブログも残しててきとうに更新します。

つうわけで。
attack_artwork2a.jpg


犬徳放送更新。
わたくしのソノシートカットアップMIX、
犬徳放送#16 岡村みどりのアタックアクションシリーズvol.2
完成しました。
おひまがあったら聴いてやってくださいね。

まあ第一回目の衝撃にはそれは勝てないというわけで。
でも、結構惜しみなくネタ放出しました。
ご感想など頂けるとありがたやー。
ナルちゃん・成瀬
昨夜は映画美学校にて仕事のコーラス入れ。
(すごく遅刻してしまった…岸野さんごめんよ。)
無事録音終えた頃、授業すませた菊地ナルちゃんがスタジオに。
マスクにドロロンえん魔くんみたいな帽子という出立ちで。
久々会ったけど、ナルちゃんコスみたいにナルくさかった。
でも寒いからか、さすがにデニムの膝は破けてなかった。
ガリガリとかげっそりとかしてなくて、お元気そうでヨカタ。
多忙なナルちゃんと別れた後、岸野さん、岸野生徒のTさん、
私にてラ・ボエームで飯。
途中から職場の近い岡村さんも乱入。こういうのイイネ。

ナルナル繋がりで。
日曜に観た成瀬巳喜男『稲妻』が、頭から離れない。
タイムリーつうか『稲妻』もちょっと「銭ズラ」なのよね。
まあ原作林芙美子だからね。
目を覆いたくなるような大人の欲望や居たたまれなさが
描かれているのだが、でも、面白いんだもんなー。
もう男も女も笑えるくらいダメな人ばかり出てきてさ、
「このままでは身も心も腐っていくばかりです」
ってヒロインが口にするような有様なんだけど。
でも、終盤の母娘のぶっちゃけ大喧嘩が済んだら、
ホント、夏の夕立後みたいに清々しくなるんだよ。
人の心がそんなふうに描かれるなんて。描けるなんて。
映画っていいよな。
そういう映画を撮れる才能っていいよな。
稲妻 [DVD]稲妻 [DVD]
(2005/05/27)
高峰秀子三浦光子

商品詳細を見る


なんかタイミング良いというか、ドギーズ社の近くに
林芙美子記念館なる施設があり、そこで今ちょうど、
『稲妻』ポスターや『浮雲』パンフ等展示されてる模様。
ソノシートMIXが終ったら、散歩がてら行ってくっかな。


  1. 無料アクセス解析